「まとまった時間」はいらない

育児がひと段落ついてから、今は仕事が忙しいから、介護があるから……。 時間ができるのを待っていたら、 いつまでたっても本を書くタイミングは訪れません。 生き生きとしたスピリットは、時間の経過とともに、 刻一刻としぼんでしまいます。 「書きたい」と…

(4)「オリジナル」はいらない

パソコン操作に詳しい友人に、 「ちいさな本を書いてみたら?」とすすめたときのこと。 「その内容なら、ホームページに 詳しいマニュアルが出ていたから……」と、首を横に振りました。 今は、インターネットであらゆる情報が手に入ります。 出ていない情報を…

(3)「完璧な校正」はいらない

文章を書いたあと、読み返して文脈を整えたり、 誤字や脱字のチェックを行います。 でも、いくら注意深く読み返したつもりでも、 本全体を通して、ひとつ残らずミスを探し出すことは難しいでしょう。 「あ、こんなところに、まだ間違いがあった」と、 後から…

(2)「同類本の調査」はいらない

出版社の編集者は、雑誌の企画や本をつくる場合、 同じテーマをあつかった資料を集めて目を通します。 他社と似たものを出しても、意味がないからです。 過去の出版物を分析したうえで、独自の特色を打ち出します。 でも、ちいさな本をつくる際は、 あえて「…

Part1「頭の断捨離」で完璧主義を手放そう (1)「美しい文章」はいらない

「ロケットを発射する際、全燃料のうち9割を使う」と聞いたことがあります。 ちいさな本をつくるときも、最初の一歩には、莫大なエネルギーが必要です。 「あれも大事、これも大事」とこだわっていては、いつまでたっても前に進めません。 細かいことは置い…

世界にたったひとつの〈ちいさな本〉をつくりませんか?

ブログ本やレシピ集、自分史、フォトブック、ノウハウ本、研究報告etc……、 「自分の本」をつくりたい人が増えています。 でも、いざアイデアを形にしようとすると、 何から手をつければいいか分からないというかたが多いのでは? 私は、2016年にオリジナルbo…